女性なら知っておきたい医療費について

女性特有となる医療機関には、婦人科・産婦人科があります。
妊娠したら、赤ちゃんの成長や妊婦の健康状態を確認するため、定期的に妊婦健診を受けます。
妊娠は病気ではありません。
なので、健康保険は適用外ですし、出産にかかるお金の中でも分娩・入院費の占める割合は平均47万円です。
医療機関別では、病院と診療所が47万円ほどで、助産院が45万円ほどです。
体験談から感じたのは、分娩・入院費は総合病院の方が幾分安いように思います。
帝王切開の場合には医療行為にあたり、保険が適用されるので、分娩にかかる費用も普通分娩より安くなります。
産後は、ゆっくり過ごしたいから個室を希望すると差額ベッド代が追加されてしまいます。
また、医療費の負担が大きいものには、不妊治療もあります。
医療機関による情報として、治療のための検査は保険適用外ですが、1回あたりの費用は1万円以下で済むことが多いようです。
ですが、実際の治療にはお金がかかります。
人工受精の場合には1回あたり1万円程ですが、卵管障害の対策として通常ならば体内で行われる受精を体外で行う場合には約30万円程になります。
この他、妊娠を促すタイミング法もあって、こちらは保険適用で、通常の医療費程の費用で済むので、相談してみるのも良いでしょう。

腰や首の痛みにお悩みの方は早川接骨院へご来院ください

接骨師会や柔道整復師会のサービスを一覧にしてご紹介
接骨院開業のお考えの方はレセナビまで

当院が選ばれる6つの理由
世界15カ国以上で特許を取得!!

外来種の動物も診察できる
千葉県内でも数少ない動物病院です

歯の痛みの原因
を1つ1つ追究していきます

最新投稿

  • 短い期間で医療系の資格を取得する必要がある方

    様々な事情で短い期間で医療系の資格を取得する必要がある方は、どのような勉強方法が効果的なのかが知りた …

    続きを読む...

  • 空いている日にスポットアルバイトをしましょう

    転職活動を少しずつ始めたいと考えている医師の方は、空いている日を利用してスポットアルバイトを始めまし …

    続きを読む...

  • 知らないうちに血管と心臓に負担を掛ける高血圧

    特に症状がないことが、高血圧の特徴です。
    だからと言って安心できる症状ではなく、そのままにして …

    続きを読む...

  • 医療には治療費がつき物だから費用を考える

    健康体で入院歴もない人、健康だけど胃が少し弱めの人もいますが、医療機関を受診しなくとも、いつ・どこで …

    続きを読む...